司法試験合格者が日商簿記1級試験合格を目指すブログ

司法試験に合格している筆者が日商簿記1級の合格を目指して勉強した内容を記録していくブログです。

40日目

【勉強時間】

4:00-7:30 3.5時間

総時間数110時間

 

【勉強内容】

◯商会教科書3章末問題復習CH5続き-CH6

連結の話は結構分かってきたけど、連結総合問題は大変だ。ひたすら時間がかかる。

持分法は未だよくわからず。一部売却がからんだときにこんがらがる。連結子会社の一部売却とは処理がかなり違うのがポイントなんだろう。

持分法だと売却益を全部消さないで、関連会社株の帳簿価額からの増減を考慮した金額を株の実質価額として、売却額との差を見て、売却益を調整するのだ。

連結子会社の一部売却だと、売却益全部消して、株の実質価額を評価して、売却額との差額を資本剰余金で捉えるのだ。

なんでそうなってるのかわからないと結局忘れるんだよな。。

 

◯工原スッキリ3問題10-12

配合差異や歩留差異の話。期首期末仕掛品があると複雑になる。やってることはそんなに難しくないような。