司法試験合格者が日商簿記1級試験合格を目指すブログ

司法試験に合格している筆者が日商簿記1級の合格を目指して勉強した内容を記録していくブログです。

45日目

【勉強時間】

4:00-7:00 9:00-12:00 6時間

総時間数 132.5時間

今日は休みなので結構できた。

 

【勉強内容】

◯工原スッキリ4問題5-11

CVP分析

中学レベルの数学をやってるだけで難しくないんじゃないか。最小自乗法も公式だけ分かればやってるのはただの連立方程式だ。最小自乗法を考え出した人は天才だと思う。

 

◯商会問題集1CH12-15

現金、債権、貸倒引当金、有価証券、デリバティブ

現金はどこかでミスするイメージがありよくないなあ。復習あるのみ。

手形裏書譲渡のときに保証債務を計上するが、不渡手形になったときになぜ保証債務取り崩し益を計上するのか不明だった。せっかく保証債務を計上したのだからそこから負担させないのかと。パブロフのページを見てみたら解説があり、不渡手形が回収できなくなれば貸倒損失が計上され、それと相殺されるので、結局保証債務を充てていると言えると。なるほど。

金利スワップ資産の相手方には金利スワップ差損益だけでなく繰延ヘッジ損益もくる場合があることが分かった。