司法試験合格者が日商簿記1級試験合格を目指すブログ

司法試験に合格している筆者が日商簿記1級の合格を目指して勉強した内容を記録していくブログです。

46日目と今後の計画

【勉強時間】

3:30-7:30 4時間

総時間数 136.5時間

 

【勉強内容】

◯工原スッキリ4問題12-17

最適セールスミックス、予算編成、事業別利益

慣れれば大丈夫そう。予算編成の方は計算が面倒。

 

◯商会問題集1復習CH3-6

割賦販売の復習もいい感じ。

 

この調子で進めてくと商会問題集2回しが終わるのが8月半ば、工原スッキリが応用問題含めて終わるのもそれくらい。当初は7月中に終わらす予定だったから2週間遅れくらいか。全然問題ない進行状況だけど。

その後は過去問演習に入っていこう。1日で両科目過去問は大変なので、片方はテキスト問題集の復習、片方は過去問、週末は両方の過去問とその週の復習という感じで回していきたい。過去問は14回分あるので全部やるとするとまる1ヶ月かかる計算だ。まあ9月終わりまでに全部解ければそれなりに順調と言えそうだ。

過去問やりながら、網羅型を先にやった方が良さそうと思えばそっちに手を出すかな。

10月以降予想問題集をやってくかは進行度合いとの相談。TACの回し者ではないけど簿記2級本番では、当てる問題集が形式も含めてそのまま出たような問題もあり、結構信頼している。

一通りの問題演習が済んだところで、あまり問題演習ばかりだと飽きるかもしれないので理論的なことが学べそうな上位の試験のテキストとか基本書とかも息抜きに読んでみたいとは思っている。