司法試験合格者が日商簿記1級試験合格を目指すブログ

司法試験に合格している筆者が日商簿記1級の合格を目指して勉強した内容を記録していくブログです。

62日目

【勉強時間】

4:30-7:30 9:00-12:00 6時間

総時間数 208.5時間

 

【勉強内容】

◯過去問132回

初めての過去問なので、自信をつけたいと思い、ここ数年で最も合格率の高い12.86%の回の過去問を選んでみた。

結果75点!(16 15 24 20)

商会1h50 工原1h

会計学の負ののれんの定義等の書き方で減点されて点がないとしても71点。

無事合格!これにて簿記一級ブログ終了!お疲れ様でした。

 

といきたいとこではあるがそうはいかない。全体的に簡単だったのだがポロポロケアレスミスがあり4点くらい損してそう。また、会計学の理論問題についてはテコ入れが必要だ。

商会の時間もだいぶかかっており、その原因は商業で前TBにリース資産の価額が書いてあるのに、自分で計算して無駄な時間を過ごしてしまったことだ。

難しい回でも合格できるように、より精度を上げていこう。

いずれにしてもこの結果は自信になるし、やってきたことは間違ってなかったと思える。引き続き基本の習得をしていくとともに、理論や応用論点も少しずつやっていこう。

 

◯商会教科書2応用論点

固定資産の減耗償却、証券化、リース資産貸手の処理など

このあたりは色々面白いので仕訳もできるようになっていきたい。

 

◯工原スッキリ5復習と応用問題

応用問題というか面倒問題が多くげんなりしている。計算量が多い。